こんなあなたは家庭教師向き

Voice 1:「授業を聞いてて、わからないところはすぐに質問したい!」というあなた

家庭教師は1分1秒も無駄にならない、たった一人のための授業
学校でも塾でも、先生を独り占めすることは出来ません。しかし家庭教師は、1時間なら1時間、1分1秒まで、先生は一人の生徒のために授業をしてくれます。

Voice 2:「授業がわからず、まわりに取り残されるのが恐い!」

授業内容は生徒ひとりひとりのニーズに完全の応えられる
家庭教師はその生徒の理解度、習熟度に合わせて、臨機応変に授業内容を変えることも出来ます。わからないところがあれば、そこを徹底的にわかるまで学ぶ時間をとることも出来ます。

家庭教師はひとりひとりに徹底的な指導が出来る。

Voice 3:「部活の時間や曜日が、季節や月によって変わる」

自分の都合で授業時間や日程が決められる
塾は曜日と時間が決まっており、その時間に行けなければ授業は先に進んでしまいます。またほとんどの場合、授業は1年あるいは半年単位のため、なかなか途中では他の日時には変えてもらえません。家庭教師はフレキシブルに授業日程や時間が変更できます。風邪などで体調が悪くて急に日程変更した場合でも、振り替え授業などの対応が可能です。

Voice 4:「普段は基礎力をつけるのに専念したい、でもテスト前はテスト準備も教えて欲しい」

カリキュラムの変更にも即応
塾は受講生の満足度の最大公約数がとれる内容を授業に盛り込むため、きっちりカリキュラムが組まれています。家庭教師はひとりひとりが今必要なことを考え、状況の変化や目標の変化に応じて、カリキュラムを臨機応変に変えられます。

Voice 5:「自分が重点的にやるべきことがわからない」

ひとりひとりの目標や必要なことに応じた授業
例えば同じ「英語が苦手」でも、英作文が苦手なのか、覚えているイディオムが少ないのかによって、力を入れるべき授業内容が違ってきます。家庭教師は生徒ひとりひとりが力を入れるべき内容を判断し、そこに重点を置いた授業をすることが出来ます。

家庭教師は時間と内容がフレキシブルに変えられる。

Voice 6:「頑張っても結果が出ないと、すぐ投げ出したくなる」

停滞期には小さな達成感を織り込みながらモチベーションを保つ
家庭教師は生徒ひとりひとりの小さな変化も見逃しません。真面目に勉強してもすぐに成績が伸びない、達成感が得られないときは予定のカリキュラムにとらわれず、ちょっとした達成感が得られる内容に変えるなど、モチベーションを保つ配慮が出来ます。

Voice 7:「テストが近づくと、頭が真っ白になって一つも答えがかけなかった夢を見る」

不安を一緒に悩みを解決するパートナー
テスト前は誰でも不安になるもの。不安のあまり心が落ち着かず、勉強に身が入らないということもあります。そんなときに必要な力がつくような授業を行い、根拠のある自信をつけていけるのが家庭教師。悩みや不安を生徒と一緒に着実に解決していきます。

家庭教師は不安や悩みに寄り添い解決する