無料体験授業は必要? 不要?

本当にあなたに合う教師との授業でなければ、
体験しても意味がない!

生徒の個性を見極めた上で教師を派遣してくれないならアウト!

家庭教師は一対一で向き合う勉強スタイル。それだけに、その教師を好きになれるか、その教師の教え方が自分に合っているかで、生徒の勉強への身の入り方は相当違ったものになります。
生徒と教師の相性は、効率よく成績アップするためにもっとも重要なポイントなのです。

生徒自身の個性を第三者的な目線で詳細に見極めずして、マッチングの成功なし

生徒の個性を理解しないことには、その生徒にあった教師を探せません。たまたまその地域に派遣できる教師や、希望の日時に行ける教師を派遣されるのでは、「この先生で良かった!」と思える教師に出会う確率は、よほどの奇跡が起こらない限り、ほとんど0に近くなってしまいます。
はたしてそんな偶然に期待して無料体験授業を受けることに、意味があるでしょうか?

ベストマッチングを実現するため、個性を見極める3つのポイント
1.生徒の現在の学力 例:古典は得意だが現代文は苦手
  数学の照明は好きだが計算が遅い
2.生徒の目標 例:内申点をしっかりとって推薦で進学できるようにしたい
  第一志望校と現在の学力にかなり開きがあるので短期間で実力アップを狙いたい
  とにかく基礎学力をつけたい
3.生徒の性格 例:少しずつ着実に覚えて進むタイプ
  サクサク進んでから復習で知識を定着させるタイプ
  覚えるのが早い分忘れるのも早いタイプ

最初から生徒の個性に合った教師を
派遣してくれる会社を探そう!

アンケートや面談を省くのは結果的に時間とお金のロスになる

「アンケートに細かく答えるのは面倒」
「まだその会社に決めるかどうかわからないのに、担当者に家まで来られたくない」
「忙しいから面談に時間を割きたくない」
「とにかく早く家庭教師を決めて、勉強を始めたい」
…など、アンケートや面談を省きたいと思う気持ちもあるでしょう。しかし生徒の個性に合わない教師に、生徒の能力を最大限に引き出すことは不可能です。生徒の個性を見極める「的確なアンケート」や「親や本人と面談」は、生徒の実力アップを左右する重大な作業なのです。

実は家庭教師派遣会社にとっても面談は手間がかかる

家庭教師派遣会社にとっても、まだ契約してもらえるかどうかわからない家庭を訪問し、面談を行うことは、時間と手間と人手がかかります。アンケートや面談をせずに電話やメールだけでやりとりをして、ただ教師を派遣するだけで済むなら、こんなに楽なことはありません。実際に、そうした“安易さ”を“すぐ対応”“気軽に手軽に”と表現する家庭教師派遣会社もあります。

誠意のある会社は、生徒の個性をしっかり見極めるために面談を行う

本当に生徒のためになるのは、最初からその生徒に合う教師を派遣すること。契約前でも実際に派遣先となる家庭に足を運び、直に生徒の個性を見極めた上で、責任を持って生徒ひとりひとりに合う教師を派遣してこそ、意味のある授業が初回から行えるのです。
面談の手間や時間を惜しまない会社は、無料体験授業をやるよりも質の高いサービスを提供してくれるのです。

無料体験授業に来た教師が
今後も派遣されるかどうか、先に確認しよう!

無料体験授業には“専門家”がいます

無料体験授業を行う家庭教師派遣会社の多くは、“無料体験授業専門の教師”を用意しています。この教師は無料体験授業に特化した訓練を受けており、生徒の興味を引く教え方が上手いのはもちろん、話し方やマナーのスキルも非常に高くまさにパーフェクト、「こんな人が来てくれるなら、ぜひ!」と誰もが思うような教師です。

実際に今後も受け持ってくれる教師以外の体験授業は無意味

無料体験授業を専門に行う教師はいわば“見本”で、今後の授業を担当してくれることはほぼありません。つまり無料体験授業を専門に行う先生による授業は、『こんな素晴らしい先生が来る』という確約ではなく、『こんな素晴らしい先生がくるかも』というデモンストレーション。実際に派遣される先生ではない体験授業では、生徒との相性が良いか悪いか、わかるはずがありません。

今後も担当してくれる先生の授業を受けてこそ相性がわかる

無料体験授業を受けるなら、「もしその先生が気に入ったら、ずっとその先生を頼むことはできますか?」とあらかじめ確認しておきましょう。OKなら体験授業を受ける価値はあります。しかし「ご契約後は担当地区の、同等レベルの別の先生が派遣されます」というなら「ではその先生で無料体験授業を受けたい」と交渉すべきです。意味のない無料体験授業を受けるなら、例え有料だとしても実際に担当してくれる先生との授業1回の方が、結果的にお金も時間も無駄になりません。